カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

刺繍ネームへのこだわり

オーダーシャツに入れる刺繍(ネーム)は本来、絹糸にて施されていましたが、ミシンのコンピュータ化によって刺繍糸も化学繊維で行うようになってきました。特にシャツのように高温でプレスされるものは従来の絹糸では温度に耐え切れず溶けてしまいます。(家庭で洗濯するのが当たり前だった頃は絹糸でも許容範囲だったのですが・・・)


刺繍ネーム 実は、私自身この電子化された刺繍文字を見ていてもどうも不満足で、刺繍ネームミシンの導入には二の足を踏んでいます。職人技のいわゆる「生きた文字」に魅了されて外注依頼しているのが現状です。ちょっと変わった動きをするミシンと職人の腕でみごとに文字が入るのですがその様子は必見ですよ。


刺繍ネーム 残念ながらこの世界でも昨今のクリーニング事情により絹糸は廃止されてしまいました。先日も「本当は絹糸のほうが光沢がいいよね〜」なんて話を刺繍屋の親父としていたのですがこの親父、結構こだわりがあってオーダースーツの刺繍ネームはいまだに絹糸だそうです。

自分自身で洗濯して、自分自身でアイロンを掛ける・・・というこだわり派の方に限定ですが、絹糸による 「こだわりの刺繍ネーム」 受け付けています。(絹糸刺繍の可能な生地や場所が限定されますので詳しくはお問い合わせください。)我々オーダーシャツ業界も同じですが、いわゆる職人の高齢化は刺繍ネーム業界でも進んでいます。絹糸を使用した綺麗な刺繍入りののシャツが着用できるのも今のうちかも?


☆☆ご購入はこちらから☆☆

ページトップへ