カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

オーダーシャツへのこだわり

当社では、創業以来一貫して最良のモノ作りに努めてまいりました。コスト削減を追及し大量生産されたモノがあふれる現在においても、あえて手間隙のかかる工程を数多く残すことにより、お客様に本物のシャツをご提供いたしております。また縫製仕様だけでなく、シャツに使用される副資材も産地に直接発注し、例えば釦などは釦の裏側にも丸みを付け、掛け易く割れにくいこだわりのオリジナル釦を使用しております。もちろんご要望により、本物の貝から削りだした高瀬貝・黒蝶貝等もご用意いたしております。

衿作りの作業風景

衿つくりの作業風景

当社独自の加工を施し衿羽根の浮かない工夫がされています。シャツの命と言える型くずれのしない衿を作るために、ベテラン職人がひとつひとつ丁寧に作業しています。

手作りの良さを大切にして

手作りの良さを大切にして

表生地と芯はミシン目だけで固定するため、一時固定の作業が必要です。昨今は芯の開発によってこの作業はほとんどの工場で簡素化されましたが、当社では昔ながらの手作りの良さをそのまま残してあります。

裁断の作業風景

裁断の作業風景

一着分のシャツ生地をお客様の寸法に切る作業です。シャツ生地にハサミが入ると、いよいよ形が見えてきます。まさに生地に息吹をかけるワンシーンです。

芯地の裁断風景

芯地の裁断風景

衿・カフスなどに使用される芯を機械により裁断(カット)します。非常に精度が要求される箇所で、大型機械による作業工程です。

ページトップへ